日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国タレントに入れあげた花王に大打撃、「Kの法則」に例外なしw

<<   作成日時 : 2013/07/05 14:49   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

カネボウ自主回収 親会社・花王にも打撃 経営戦略に影響
2013.7.5 [事件・トラブル]

 カネボウ化粧品の主力の美白化粧品の100万個以上もの自主回収によって、同社のブランドイメージが損なわれるのは避けられない。カネボウの業績だけでなく、親会社の花王の経営にも影響が及ぶ恐れがある。

 カネボウ化粧品の直近の年間売上高は約1900億円とみられ、自主回収対象の製品の売上高は国内だけで50億円にのぼる。このほか、台湾や韓国、タイなどアジアで卸売額ベースで約10億円の売り上げがある。

 製品の使用で症状を訴える利用者への補償などは決まっておらず、業績などへのダメージは「わからない」(夏坂真澄社長)のが現状だ。

 美白化粧品は、幅広い年齢層の女性に使われ、化粧品メーカーが販売に力を入れる分野。回収対象製品の約6割を占める「ブランシールスペリア」は、花王がカネボウの重点ブランドに位置づけていた商品だ。

 花王の連結売上高(平成24年12月期)は1兆125億円。これの額に比べれば、自主回収する商品の売上高は大きくはない。

 しかし、カネボウに不安を感じた消費者が、回収対象以外の製品にまで買い控えに走れば、業績をさらに悪化させてしまう。旧カネボウの粉飾決算事件後、花王が傘下に入れて再建をしてきたカネボウの化粧品部門の経営戦略にも影を落としかねない。カネボウは白斑症状の原因などの調査を進めているという。

_________________________________________________________________________________________

▲花王は一昨年、反日韓国タレント主演のドラマを単独スポンサーで後押しして強い批判があったにも関わらずその後も韓国びいきの経営姿勢を続けていたが、このたび子会社のカネボウが大不祥事を起こした。所謂「Kの法則」が発動した。朝鮮半島と関わると、国家でも企業でも個人でも必ず敗北してしまうのが「Kの法則」w

kの法則発動

54製品の自主回収を発表し、記者会見で頭を下げるカネボウ化粧品の夏坂真澄社長(中央)=4日午前、東京都千代田区

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DVD通販、レンタルなどの総合サイト
韓国タレントに入れあげた花王に大打撃、「Kの法則」に例外なしw 日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる