日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 婚外子相続格差は「違憲」 最高裁、法令違憲は戦後9件目

<<   作成日時 : 2013/09/04 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2013.9.4 産経新聞

婚外子相続格差の違憲判決で、最高裁前で「憲法違反」の旗を掲げる弁護士ら=4日午後、東京都千代田区の最高裁判所南門(鈴木健児撮影)
 結婚していない男女の間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続分を嫡出子の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反するかが争われた2件の家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定は「違憲」との決定を示した。

 明治時代から続く同規定をめぐっては大法廷が平成7年に「合憲」と判断、小法廷もこれを踏襲してきたが、新たな判断を示した。最高裁が法律の規定について憲法違反と判断したのは戦後9件目で、国会は法改正を迫られることになる。

 規定の合憲性が争われたのは、13年7月に死亡した東京都の男性の遺産分割をめぐる審判と、同年11月に死亡した和歌山県の男性らの遺産分割をめぐる審判。いずれも家裁、高裁は規定を合憲と判断し、婚外子側が特別抗告していた。

 今年7月に開かれた弁論で、和歌山の婚外子側は「どのような事情の下に生まれるかは選択の余地がないのに、差別を受けるのは憲法に違反する」と指摘。「司法による救済が図られるべきだ」と主張していた。

 これに対し、嫡出子側は「法律婚主義の下で規定には合理的根拠があり、改正の必要があるとしても国会の立法作業に委ねるべきだ」として、規定は合憲と反論していた。 


家族制度をの根幹を破壊する最悪の最高裁判決が下された。左翼思想の典型である「悪平等主義」によって日本の婚姻制度は今後一層形骸化して家庭崩壊に拍車がかかることが懸念される。
してやったりと得意満面の売国反日弁護士

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DVD通販、レンタルなどの総合サイト
婚外子相続格差は「違憲」 最高裁、法令違憲は戦後9件目 日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる