日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮人に媚びる産経新聞WEST

<<   作成日時 : 2014/04/10 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お遍路に外国人排除の紙 徳島の巡礼者休憩所 霊場会「差別許されない」
2014.4.9 [westセレクト]

 徳島県吉野川市川島町川島にあり、四国遍路の巡礼者が利用する休憩所に「『大切な遍路道』を朝鮮人の手から守りましょう」と印字し、外国人排除を訴える紙が貼られていたことが9日、分かった。

「礼儀しらずな朝鮮人達が…」と礼儀しらずな中傷

 貼り紙は「最近、礼儀しらずな朝鮮人達が、気持ち悪いシールを、四国中に貼り回っています。『日本の遍路道』を守る為、見つけ次第、はがしましょう」とも記載。「日本の遍路道を守ろう会」の名があった。

 札所の寺院で組織する四国八十八ヶ所霊場会は「差別は許されない。ほかにも貼っているようであれば、やめさせていきたい」と批判した。

 霊場会は昨年12月、お遍路の魅力を伝える「先達」に外国人女性として初めて韓国人の崔象喜さん(38)を公認。崔さんは、外国人が迷わないよう、矢印やイラストで道順を示すステッカーを貼る活動をしており、貼り紙はこうした行為を中傷しているとみられる。

 崔さんは2010年から4度にわたり全箇所巡礼を達成。「お遍路をすれば日本の印象が変わる」と韓国人向けのインターネット交流サイトを立ち上げ、宿などの情報提供もしている。これまでもステッカーがはがされることはあったが、貼り紙はなかったとみられ、崔さんは「巡礼者のためにと思ってやってきたことで、非難されるとは思っていなかった。本当に悲しいです」とコメントした。

 休憩所の近くに住む加藤岩男さん(63)は9日に初めて貼り紙を見て、すぐにはがしたといい、「こんな心無いことはしないでほしい」と怒りをあらわにした。

__________________________________________

▲産経新聞WESTの記事であるが一方的に張り紙を批判している。なぜこのような張り紙が貼られるかと言えば、朝鮮人のマナーが度を越して悪いからである。朝鮮人批判の張り紙が貼られる理由は無視して朝鮮人の肩を持つ論調が産経WESTには多い。また在特会をまるで違法な差別集団として取り上げる様は朝日新聞に酷似している。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DVD通販、レンタルなどの総合サイト
朝鮮人に媚びる産経新聞WEST 日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる