日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップ惨敗は日本サッカー協会の南北朝鮮にたいする弱腰対応にある。

<<   作成日時 : 2014/06/28 11:06  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 日本代表は国民の大きな期待に応えられず惨敗を喫してブラジルを早々と去ることになったが今回の惨めな結果には伏線があったと思う。それは今年3月のJリーグ浦和VS鳥栖戦でサポーターが掲げた「JAPANESE ONLY」の横断幕が差別だとしてマスコミが騒ぎ立て日本サッカー協会もそれに呼応して横断幕を掲げたサポーターを「永久追放」、また次の浦和スタジアムでの試合を無観客試合とするなど異例の厳しい処分を浦和サポーターと浦和レッズに課したのだ。

 しかしこの横断幕が掲げられる原因となったのは、韓国から日本に帰化した後に浦和に入団した「李忠成」選手が過去において、日本を馬鹿にした発言を何度も繰り返していた事実があったのである。しかしマスコミはこの事実を隠蔽して突然差別的横断幕が掲げられたと報道して執拗なバッシングを浦和サポーターとレッズに浴びせ続けた。しかもサッカーの国際試合においては韓国代表チームは日本に対する誹謗中傷、差別をを繰り返していたことを日本のマスコミは隠蔽していた。

 そしてこの事件が日本選手全体及びサポーターの士気を著しく低下させたことは想像に難くない。サッカーにおける国際試合ではナショナリズムが激しくぶつかり合う闘争の場となり国家の威信と名誉をかけた死闘が繰り広げられるのであるが、日本サッカー協会とマスコミは韓国人および韓国人サッカー選手が日本を誹謗中傷してもなんら抗議もせず、しかし日本人が韓国人選手を些細なことでも批判しようものなら今回の浦和サポーターのように、社会から抹殺されるほどの強烈な制裁を課すのである。

 まるで日本のマスコミとサッカー協会は韓国の下僕であるかのようだが、このような現状では日本人選手のモチベーションは国際舞台では極めて低くならざるを得ないと思う。特に国家を背負って立つ代表選手は日本人としての誇りと自信が不可欠であることはいうまでもないことだが日本サッカーを統括する部署が韓国に対して情けないほど卑屈な態度をとっていてはサッカー日本代表の国際舞台での活躍は非常に難しいであろう。 (金沢レオ).



画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
すごく感謝です(◎>∀<◎)

かなり緊張してるから変になていたらすみません。



レオナルドさんのブログに出会えて本当に良かったです!



溜息ばかりの毎日で正直もう限界だしキツイ…と思ってたんですが足枷が少し軽くなった気がするんです(^▽^●)

視点は違うのが当たり前なのかもしれないんですけどそれでも全部違うわけではなくて似てる所もあって、なんていうか私は当たり前すぎることを忘れ過ぎてたのかもしれません(汗)



それで…一人で考えてばかりいると中々浮上のきっかけを得られないので、、



maki2.co@i.softbank.jp(@は小文字にしてください)



話聞いてもらえませんか?悩みを解決に導いて欲しいとかじゃなくて、聞いてもらえたらもとスッキリ出来そうな気がするんですヽ(*’-^*)。

お返事心待ちにしています!
すごく感謝です(○^▽^○)
2015/07/16 18:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
DVD通販、レンタルなどの総合サイト
ワールドカップ惨敗は日本サッカー協会の南北朝鮮にたいする弱腰対応にある。 日本に「戦争責任」なし 正しい歴史を伝える市民の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる